若手を牽引する存在に 宇津木瑠美が抱える“生みの苦しみ”

公開日:

 米国、ブラジル、オーストラリアと戦う「トーナメント オブ ネーションズ」に参戦しているなでしこジャパンが28日(現地時間27日)、米国シアトルで開催されたブラジルとの初戦を1―1で引き分けた。この試合でキャプテンマークを巻いたのが宇津木瑠美(シアトル・レイン)。先月の欧州遠征はケガで途中離脱を余儀なくされたが、今回は初戦を所属チームのホームで戦うということもあり、モチベーション高く臨んだ一戦だった。

 今大会は主力CBの熊谷紗希(リヨン)の招集がかなわなかったため、鮫島彩(INAC)が初めてCBに起用された。宇津木は、最終ラインのケアに中盤でのセカンドボールのせめぎ合い、前線へのフィードと何役もこなさなければならなかったが、海外で培ったフィジカルコンタクトの強さを生かし、あらゆる場面でボールに絡んだ。

 試合は籾木結花(ベレーザ)のゴールで先制するも、残り3分で同点に追いつかれ、ドローに終わった。宇津木は「失点の不安よりも得点を奪える機会の方が多かったと思う。このチームは『得点を奪えるチーム』なんだと思う」。続けて「でも、終了間際に決勝点をもぎ取る強さはないのが現状なんだと思います」と悔しさをにじませた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る