• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手を牽引する存在に 宇津木瑠美が抱える“生みの苦しみ”

 米国、ブラジル、オーストラリアと戦う「トーナメント オブ ネーションズ」に参戦しているなでしこジャパンが28日(現地時間27日)、米国シアトルで開催されたブラジルとの初戦を1―1で引き分けた。この試合でキャプテンマークを巻いたのが宇津木瑠美(シアトル・レイン)。先月の欧州遠征はケガで途中離脱を余儀なくされたが、今回は初戦を所属チームのホームで戦うということもあり、モチベーション高く臨んだ一戦だった。

 今大会は主力CBの熊谷紗希(リヨン)の招集がかなわなかったため、鮫島彩(INAC)が初めてCBに起用された。宇津木は、最終ラインのケアに中盤でのセカンドボールのせめぎ合い、前線へのフィードと何役もこなさなければならなかったが、海外で培ったフィジカルコンタクトの強さを生かし、あらゆる場面でボールに絡んだ。

 試合は籾木結花(ベレーザ)のゴールで先制するも、残り3分で同点に追いつかれ、ドローに終わった。宇津木は「失点の不安よりも得点を奪える機会の方が多かったと思う。このチームは『得点を奪えるチーム』なんだと思う」。続けて「でも、終了間際に決勝点をもぎ取る強さはないのが現状なんだと思います」と悔しさをにじませた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る