• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手を牽引する存在に 宇津木瑠美が抱える“生みの苦しみ”

 米国、ブラジル、オーストラリアと戦う「トーナメント オブ ネーションズ」に参戦しているなでしこジャパンが28日(現地時間27日)、米国シアトルで開催されたブラジルとの初戦を1―1で引き分けた。この試合でキャプテンマークを巻いたのが宇津木瑠美(シアトル・レイン)。先月の欧州遠征はケガで途中離脱を余儀なくされたが、今回は初戦を所属チームのホームで戦うということもあり、モチベーション高く臨んだ一戦だった。

 今大会は主力CBの熊谷紗希(リヨン)の招集がかなわなかったため、鮫島彩(INAC)が初めてCBに起用された。宇津木は、最終ラインのケアに中盤でのセカンドボールのせめぎ合い、前線へのフィードと何役もこなさなければならなかったが、海外で培ったフィジカルコンタクトの強さを生かし、あらゆる場面でボールに絡んだ。

 試合は籾木結花(ベレーザ)のゴールで先制するも、残り3分で同点に追いつかれ、ドローに終わった。宇津木は「失点の不安よりも得点を奪える機会の方が多かったと思う。このチームは『得点を奪えるチーム』なんだと思う」。続けて「でも、終了間際に決勝点をもぎ取る強さはないのが現状なんだと思います」と悔しさをにじませた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る