日ハム栗山監督が計る 大谷翔平「二刀流復帰」タイミング

公開日: 更新日:

 打者として精彩を欠いていた日本ハムの大谷翔平(23)が、約3カ月半ぶりの本塁打を放った。

 26日のロッテ戦。1点リードの八回、この回先頭の大谷の放った一打は右翼場外の森へ飛び込む特大の3号ソロ。「(感触は)良かった。ここからの方が大事だと思う」とは試合後の本人だ。

 前日までの5試合は17打数2安打の打率1割1分8厘。21日の西武戦はスタメンを外れて代打出場、その後、2試合は欠場していた。これまでサッパリだった打撃はようやく上向きの兆候が見えたものの、肝心の投げる方はどうなっているのか。

■今後は投手としての練習を優先

 前回登板は前半戦最後のオリックス戦(12日)。先発して1回3分の1を2安打3四球4失点と散々で、ストライクが入らずに汲々とするひと幕もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る