• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキース田中が6回2失点 悪条件に泣きプロ初の10敗目

 ヤンキース・田中将大(28)が悪条件をはね返せなかった。

 2日のタイガース戦に登板し、6回を6安打2失点、7奪三振、1四球で降板。ヤンキースは0─2で敗れたため、10敗目(8勝)を喫した。田中は日米を通じてプロ入り後初の2ケタ黒星だ。

 雨で試合開始が2時間近くも遅れ、登板前に難しい調整を強いられてマウンドに上がり、初回からつかまる。先頭打者から連打を浴びると、3番アップトンには左翼線に二塁打されて先制を許す。四回には簡単に2死としながら、7番マートックに四球、続くマッキャンに中前打を浴び、味方の拙守もあって1点を追加された。

 6回を投げ終え、球数が100球に達したところで交代を告げられた。

 グラウンドコンディションなどの悪条件は相手も同じ。タイガースの先発右腕ジマーマンは毎回のように走者を許し、6安打されながらも要所を締めて7回を無失点で切り抜けた。

 8勝目を挙げた前回のレイズ戦では8回を1失点、自己最多の14奪三振と好投。先発として最低限の仕事をこなしたとはいえ、エースとしての揺るぎない信頼を回復するまでには至らなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る