• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2位阪神と3差 ベイ悲願のCS本拠開催は「雨と連戦」が敵

 14日現在、2位阪神と3ゲーム差の3位につけるDeNA。球団創設6年目を迎え、悲願の2位通過でのCS本拠地開催は手の届くところに来ている。

 阪神との直接対決は残り8試合。9月24日から29日の間に5試合が組まれている。13日の試合はドラフト1位左腕の浜口(神奈川大)が6回1失点の好投で、阪神相手に3戦3勝と相性の良さを見せ、主砲の筒香が2本塁打を放って復調気配を見せた。首脳陣は阪神戦に浜口をぶつけることも想定しているようだが、問題は天気だ。DeNA内では「雨が怖い」という声が出ているのだ。

 8月はドーム球場での試合が6試合しかなく、ただでさえ雨天中止のリスクを抱えている。チームはすでに、リーグ最多タイの6試合が雨天中止。最終盤の9月23日から10月1日までの9日間で8試合(3連戦と5連戦)を戦う過酷な日程になっている(中止になった8月1日の中日戦は未定試合)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事