全米OPは本戦から出場 シャラポワWC獲得の裏に奉仕活動

公開日:

 テニスの元女王が、また特別待遇を受けた。

 4大大会の全米オープンの大会組織委員会は15日(日本時間16日)、今年4月にドーピング違反による1年3カ月の資格停止処分から復帰したマリア・シャラポワ(30)に主催者推薦枠(ワイルドカード)を与えると発表した。シャラポワは本戦からの出場になるという。

 大会組織委員会は声明で「すでに彼女はドーピング違反による処分を終えている。過去の成績(06年優勝)から判断してもワイルドカードにふさわしい」と説明した。

 組織委によれば、シャラポワは米国の若手選手を対象にしたプログラムにボランティア講師として参加する。反ドーピングの重要性やアスリートとしての心構えについて講演するという。

 シャラポワは今回、ボランティア活動を行う見返りとしてワイルドカードが与えられたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る