日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モデル恋人との関係も影響? 錦織「今季不振」本当の理由

 もっか世界ランク9位の錦織圭(27)は今週、ロジャース杯(カナダ・モントリオール、マスターズ1000=ハードコート)に第5シードで出場。初戦はG・モンフィス(30・同22位)と対戦したものの、フルセットの末逆転負けを喫した。

 ここまで通算11勝の錦織は、14年の全米オープン準優勝で国内にテニスファンを激増させたが、それ以後の成績はパッとしない。目標の4大大会(グランドスラム)制覇どころか、それに次ぐ格付けのATPマスターズ1000も未勝利。今季は格付けが上から4番目のATP250にも勝っていない。一時は4位まで上がった世界ランクも今は9位までダウン。その責任を押し付けられているのが、15年に錦織との交際が発覚したモデルの観月あこ(25)だ。

 これまでも、彼女の存在が錦織の成績に悪影響を与えているという報道はあるにはあった。テニス関係者の間では、「錦織の両親やコーチのマイケル・チャン(写真円内)は2人の交際に反対している」という情報も飛び交っていた。それを証明したのが、今週発売の週刊新潮だ。「『錦織圭』を迷わすモデル恋人の告白」というタイトルの記事には、2人の熱愛ぶりや、錦織の父、観月のコメントなどが掲載されている。そこには、錦織の父が観月を「悪い娘」と言ってよく思っていないことや、彼女の存在が錦織の不振の原因のひとつであることなどが記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事