• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モデル恋人との関係も影響? 錦織「今季不振」本当の理由

 もっか世界ランク9位の錦織圭(27)は今週、ロジャース杯(カナダ・モントリオール、マスターズ1000=ハードコート)に第5シードで出場。初戦はG・モンフィス(30・同22位)と対戦したものの、フルセットの末逆転負けを喫した。

 ここまで通算11勝の錦織は、14年の全米オープン準優勝で国内にテニスファンを激増させたが、それ以後の成績はパッとしない。目標の4大大会(グランドスラム)制覇どころか、それに次ぐ格付けのATPマスターズ1000も未勝利。今季は格付けが上から4番目のATP250にも勝っていない。一時は4位まで上がった世界ランクも今は9位までダウン。その責任を押し付けられているのが、15年に錦織との交際が発覚したモデルの観月あこ(25)だ。

 これまでも、彼女の存在が錦織の成績に悪影響を与えているという報道はあるにはあった。テニス関係者の間では、「錦織の両親やコーチのマイケル・チャン(写真円内)は2人の交際に反対している」という情報も飛び交っていた。それを証明したのが、今週発売の週刊新潮だ。「『錦織圭』を迷わすモデル恋人の告白」というタイトルの記事には、2人の熱愛ぶりや、錦織の父、観月のコメントなどが掲載されている。そこには、錦織の父が観月を「悪い娘」と言ってよく思っていないことや、彼女の存在が錦織の不振の原因のひとつであることなどが記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る