• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネリ薬物疑惑で現実味も 山中慎介の王者復帰に数々の難問

 失意の「神の左」にまさかの展開が待っていた。

 15日のWBC世界バンタム級タイトルマッチに敗れ、ベルトを失った山中慎介(34)。しかし、23日(日本時間24日)、WBCは新王者のルイス・ネリ(22=メキシコ)がドーピング検査で陽性反応があったことを公式サイトで発表したのだ。

 WBCは今後も調査を続けるというが、考えられる展開は3通り。ひとつはネリのドーピングが故意ではないと判定された場合だ。今回、検出された禁止薬物「ジルパテロール」は家畜を育てるために使われることがあるという。その肉と知らずにネリが食べたと認められたら、何の処分も下されない可能性が高い。

 先日の防衛戦が無効試合となり、ネリがベルトを剥奪された場合は、さらに2通りの「裁定」が想定される。山中が一方的にTKO負けしたことを鑑みて、王座そのものが空位になるケースがひとつ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る