ラガーマンも顔負け…楽天アマダー激高で大乱闘が勃発

公開日:  更新日:

 1日のソフトバンク戦の二回、楽天の超重量級助っ人・アマダーがソフトバンク東浜の内角の抜け球に激高し、両軍入り乱れる乱闘が勃発した。

 アマダーはヘルメットを脱ぎ捨てると、193センチ、135キロの巨体を揺らし、止めに入った選手たちをなぎ倒しながら、逃げる東浜のもとへ突進。最後は同僚のペゲーロ、ウィーラーに取り押さえられ、東浜は難を逃れたものの、アマダーは威圧行為で退場処分となった。チームは主砲の離脱に加え、七回には銀次が負傷交代。野手の頭数が足りず、代打も送れない状況に陥るなど0―2の完封負け。ソフトバンクに優勝マジック16が初点灯した。

 開幕から首位を走っていた楽天だが、これで引き分けを挟んで8連敗と急失速。ソフトバンクとのゲーム差は11.5と広がる一方だ。梨田監督は「いい勝負をしていたが、たった2週間でこうなってしまった」と嘆いたように、踏んだり蹴ったりの一日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る