ラガーマンも顔負け…楽天アマダー激高で大乱闘が勃発

公開日:  更新日:

 1日のソフトバンク戦の二回、楽天の超重量級助っ人・アマダーがソフトバンク東浜の内角の抜け球に激高し、両軍入り乱れる乱闘が勃発した。

 アマダーはヘルメットを脱ぎ捨てると、193センチ、135キロの巨体を揺らし、止めに入った選手たちをなぎ倒しながら、逃げる東浜のもとへ突進。最後は同僚のペゲーロ、ウィーラーに取り押さえられ、東浜は難を逃れたものの、アマダーは威圧行為で退場処分となった。チームは主砲の離脱に加え、七回には銀次が負傷交代。野手の頭数が足りず、代打も送れない状況に陥るなど0―2の完封負け。ソフトバンクに優勝マジック16が初点灯した。

 開幕から首位を走っていた楽天だが、これで引き分けを挟んで8連敗と急失速。ソフトバンクとのゲーム差は11.5と広がる一方だ。梨田監督は「いい勝負をしていたが、たった2週間でこうなってしまった」と嘆いたように、踏んだり蹴ったりの一日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る