• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4横綱が怪我や不調抱え…9月場所で5年ぶり平幕Vの可能性

 こんな調子で本場所に出場できるのか。

 3日、横綱稀勢の里(31)が稽古を欠席。体調不良とのことだが、前日は弟弟子高安の大関昇進披露宴で上機嫌におしゃべりをしていたばかりだ。

 9月場所は10日に初日を迎える。稀勢の里はケガの影響もあり、これまでもハードな稽古を送っていたわけではない。それがアクシデントで休養とあっては体の仕上がりも遅れるばかり。いよいよ9月場所休場も現実味を帯びてきた。

 他の3横綱も鶴竜(32)は休場が濃厚。白鵬(32)は14勝1敗で優勝した先場所で左ヒザを痛めており、稽古のペースを落としている。1日の横審の稽古総見で横綱としてただ1人、土俵に上がった日馬富士(33)も左ヒジの爆弾が懸念材料だ。4横綱全員が何かしらのケガや不調を抱えている現状。全員休場となれば、土俵では5年ぶりの「珍事」もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る