• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4横綱が怪我や不調抱え…9月場所で5年ぶり平幕Vの可能性

投稿日:

 こんな調子で本場所に出場できるのか。

 3日、横綱稀勢の里(31)が稽古を欠席。体調不良とのことだが、前日は弟弟子高安の大関昇進披露宴で上機嫌におしゃべりをしていたばかりだ。

 9月場所は10日に初日を迎える。稀勢の里はケガの影響もあり、これまでもハードな稽古を送っていたわけではない。それがアクシデントで休養とあっては体の仕上がりも遅れるばかり。いよいよ9月場所休場も現実味を帯びてきた。

 他の3横綱も鶴竜(32)は休場が濃厚。白鵬(32)は14勝1敗で優勝した先場所で左ヒザを痛めており、稽古のペースを落としている。1日の横審の稽古総見で横綱としてただ1人、土俵に上がった日馬富士(33)も左ヒジの爆弾が懸念材料だ。4横綱全員が何かしらのケガや不調を抱えている現状。全員休場となれば、土俵では5年ぶりの「珍事」もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る