• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧乏球団も今は昔 広島は連続Vで年俸高騰も「黒字」維持

 今年も「ご祝儀」は弾むのか。

 リーグ連覇を達成した広島の選手が楽しみにしているのが、オフの年俸更改だ。

 まだCS前とはいえ、走攻守にわたって活躍した菊池涼介(1.45億円)、3割を打つ丸佳浩(1.4億円)や安部友裕(2100万円)、骨折した鈴木誠也の代役として4番で活躍した松山竜平(4000万円)らは大幅アップが予想される。また、57試合に登板しているジャクソン(9625万円)、胴上げ投手となった抑えの中崎翔太(8500万円)の1億円超えも確実。最多勝が視野に入る14勝の薮田和樹(1400万円)も大幅増が期待されている。

 そこで気になるのが財布事情だ。かつて「たる募金」でファンから寄付を募っていた貧乏球団は、年俸が高騰した主力選手をFAなどでみすみす他球団に横取りされてきた。戦力が落ちてもFA補強には消極的で、大型補強と言えば、2015年にメジャーから古巣に復帰した黒田くらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る