貧乏球団も今は昔 広島は連続Vで年俸高騰も「黒字」維持

公開日:  更新日:

 今年も「ご祝儀」は弾むのか。

 リーグ連覇を達成した広島の選手が楽しみにしているのが、オフの年俸更改だ。

 まだCS前とはいえ、走攻守にわたって活躍した菊池涼介(1.45億円)、3割を打つ丸佳浩(1.4億円)や安部友裕(2100万円)、骨折した鈴木誠也の代役として4番で活躍した松山竜平(4000万円)らは大幅アップが予想される。また、57試合に登板しているジャクソン(9625万円)、胴上げ投手となった抑えの中崎翔太(8500万円)の1億円超えも確実。最多勝が視野に入る14勝の薮田和樹(1400万円)も大幅増が期待されている。

 そこで気になるのが財布事情だ。かつて「たる募金」でファンから寄付を募っていた貧乏球団は、年俸が高騰した主力選手をFAなどでみすみす他球団に横取りされてきた。戦力が落ちてもFA補強には消極的で、大型補強と言えば、2015年にメジャーから古巣に復帰した黒田くらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る