貧乏球団も今は昔 広島は連続Vで年俸高騰も「黒字」維持

公開日:  更新日:

 今年も「ご祝儀」は弾むのか。

 リーグ連覇を達成した広島の選手が楽しみにしているのが、オフの年俸更改だ。

 まだCS前とはいえ、走攻守にわたって活躍した菊池涼介(1.45億円)、3割を打つ丸佳浩(1.4億円)や安部友裕(2100万円)、骨折した鈴木誠也の代役として4番で活躍した松山竜平(4000万円)らは大幅アップが予想される。また、57試合に登板しているジャクソン(9625万円)、胴上げ投手となった抑えの中崎翔太(8500万円)の1億円超えも確実。最多勝が視野に入る14勝の薮田和樹(1400万円)も大幅増が期待されている。

 そこで気になるのが財布事情だ。かつて「たる募金」でファンから寄付を募っていた貧乏球団は、年俸が高騰した主力選手をFAなどでみすみす他球団に横取りされてきた。戦力が落ちてもFA補強には消極的で、大型補強と言えば、2015年にメジャーから古巣に復帰した黒田くらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る