日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国内FA組で1番人気 西武牧田に来季続投の由伸巨人が垂涎

「メジャー球団の1番人気はもちろん、日本ハムの大谷翔平(23)ですが、国内FA組では西武の牧田和久(32)の人気が高い」

 ある球団の編成担当がこう言った。

 今オフ、大谷のポスティングによるメジャー挑戦が決まる一方、国内のFA争奪戦もすでに、水面下で駆け引きが始まっている。

 今年のFA市場は日本ハムの中田翔(28)、ロッテの涌井秀章(31)、オリックスの平野佳寿(33)ら実績のある選手たちが顔を揃えるが、最大の注目株だった中田は今季、打率.206、16本塁打、62打点と絶不調で評価が急落。たとえFA権を行使したとしても、昨オフから相思相愛といわれる阪神移籍が有力視されてきただけに、国内球団の関心はそれほど高くないという。

「最も多くの球団が動向を注視しているのが牧田です」と、前出の編成担当が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事