来季は打撃コーチ就任 引退の森野は“中日復活”のキーマン

公開日:

「納得できない打撃が2、3年続いた。ここが限界、悔いはない」

 中日の森野将彦(39)が24日の広島戦で21年間の現役生活を終え、バットを置いた。来季は打撃コーチに就任、将来の幹部候補である。

 東海大相模から1996年ドラフト2位で入団。二軍時代は仁村薫、徹兄弟に基礎から叩きこまれ、一軍に昇格してからはスター選手だった立浪(現評論家)から三塁のレギュラーを勝ち取った。当時の落合監督から失神するほどノックを受け、練習前に点滴を打ったこともあった。

 中日は落合監督時代の2000年代中盤から10年代初頭に黄金時代を築いた。野手はこの森野や井端(現巨人コーチ)、荒木といった核になる生え抜き選手がいた。今季2連覇を達成した広島は菊池、丸ら生え抜きが出てきて強くなったが、10年前の中日もそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る