• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来季は打撃コーチ就任 引退の森野は“中日復活”のキーマン

「納得できない打撃が2、3年続いた。ここが限界、悔いはない」

 中日の森野将彦(39)が24日の広島戦で21年間の現役生活を終え、バットを置いた。来季は打撃コーチに就任、将来の幹部候補である。

 東海大相模から1996年ドラフト2位で入団。二軍時代は仁村薫、徹兄弟に基礎から叩きこまれ、一軍に昇格してからはスター選手だった立浪(現評論家)から三塁のレギュラーを勝ち取った。当時の落合監督から失神するほどノックを受け、練習前に点滴を打ったこともあった。

 中日は落合監督時代の2000年代中盤から10年代初頭に黄金時代を築いた。野手はこの森野や井端(現巨人コーチ)、荒木といった核になる生え抜き選手がいた。今季2連覇を達成した広島は菊池、丸ら生え抜きが出てきて強くなったが、10年前の中日もそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る