来季は打撃コーチ就任 引退の森野は“中日復活”のキーマン

公開日: 更新日:

「納得できない打撃が2、3年続いた。ここが限界、悔いはない」

 中日の森野将彦(39)が24日の広島戦で21年間の現役生活を終え、バットを置いた。来季は打撃コーチに就任、将来の幹部候補である。

 東海大相模から1996年ドラフト2位で入団。二軍時代は仁村薫、徹兄弟に基礎から叩きこまれ、一軍に昇格してからはスター選手だった立浪(現評論家)から三塁のレギュラーを勝ち取った。当時の落合監督から失神するほどノックを受け、練習前に点滴を打ったこともあった。

 中日は落合監督時代の2000年代中盤から10年代初頭に黄金時代を築いた。野手はこの森野や井端(現巨人コーチ)、荒木といった核になる生え抜き選手がいた。今季2連覇を達成した広島は菊池、丸ら生え抜きが出てきて強くなったが、10年前の中日もそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る