ベルリンでマラソン7連勝 キプチョゲは五輪も連覇濃厚 

公開日: 更新日:

 ゴールした直後でもケロッとして笑顔を見せていた。

 24日に行われたベルリンマラソンは、リオ五輪金メダルのエリウド・キプチョゲ(32=ケニア)が2時間3分32秒で優勝。目標にしていた2時間2分57秒の世界記録には届かなかったが、マラソンの連勝記録を7に伸ばし、ここまで走った公認マラソン全9戦で8勝と圧倒的な強さを見せた。

 ちなみに16日のハーフマラソンで1時間0分17秒の日本新記録を出した設楽悠太(25)は2時間9分3秒で6位だった。

 レース前は、昨年2時間3分3秒(世界歴代2位)で優勝しているベケレ(35=エチオピア)にキプチョゲ、そして昨年のベルリン2位で2時間3分13秒(世界4位タイ)を出したキプサング(35=ケニア)の、いわゆる「ビッグ3」が3位まで独占するかと思われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る