ベルリンでマラソン7連勝 キプチョゲは五輪も連覇濃厚 

公開日:

 ゴールした直後でもケロッとして笑顔を見せていた。

 24日に行われたベルリンマラソンは、リオ五輪金メダルのエリウド・キプチョゲ(32=ケニア)が2時間3分32秒で優勝。目標にしていた2時間2分57秒の世界記録には届かなかったが、マラソンの連勝記録を7に伸ばし、ここまで走った公認マラソン全9戦で8勝と圧倒的な強さを見せた。

 ちなみに16日のハーフマラソンで1時間0分17秒の日本新記録を出した設楽悠太(25)は2時間9分3秒で6位だった。

 レース前は、昨年2時間3分3秒(世界歴代2位)で優勝しているベケレ(35=エチオピア)にキプチョゲ、そして昨年のベルリン2位で2時間3分13秒(世界4位タイ)を出したキプサング(35=ケニア)の、いわゆる「ビッグ3」が3位まで独占するかと思われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る