福岡マラソン参戦 大迫の“五輪モード”にライバル戦々恐々

公開日:

 ついに国内レース参戦だ。

 リオ五輪1万メートル代表の大迫傑(26)が21日、今年4月のボストンマラソンに続き、12月の福岡国際マラソンに出場すると自身のツイッターで表明した。

 5000メートルの日本記録(13分08秒40)を持つ大迫はトラック競技が専門だが、20年東京五輪はマラソンの金メダルを本気で狙っている。夢の実現のため、現在はナイキ社が米オレゴンに設立した長距離走選手強化チームに所属している。今年の4月には、初マラソンとなるボストンマラソンで2時間10分28秒の時計で3位に入った。

 陸連は4月に東京五輪マラソン代表の選考法を発表。男子なら、「予選」にあたる国内5レース(今季と来季)で「決勝」のマラソン・グランドチャンピオン・レース(MGCレース=19年9月以降開催)の出場権を得て、結果を出すのが通常だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る