• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3横綱休場でも大盛況 大相撲はバブル人気の“異常事態”

 八角理事長(元横綱北勝海)も初日の挨拶で「誠に遺憾」と言わざるを得なかった。

 10日に初日を迎えた9月場所は、力士5人が事前に休場届を提出。うち3人は横綱で、優勝39回の白鵬、唯一の日本人横綱・稀勢の里もいない。普通に考えれば、チケットを買った客に「カネ返せ!」と言われても仕方がないところだ。

 しかし、国技館は初日から満員御礼の大盛況。3横綱が休場を発表する前に売り切れた前売り券は仕方ないにせよ、当日券もスピード完売だ。当日券は200枚あり、7時45分から販売開始。この日は7時20分の時点で200人が並んでいたため、チケット売り場が開く前から完売が決まった。

 3横綱がいないにもかかわらず、チケットはバカ売れ。まさに異常事態に次ぐ異常事態だ。

■求められる「土俵の充実」と若手の育成

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事