松原良香
著者のコラム一覧
松原良香元サッカー日本代表

1974年8月19日、静岡県浜松市出身。東海大学第一高等学校を卒業後、ウルグアイのペニャロールを経て、94年にJリーグ、ジュビロ磐田に入団。96年には「マイアミの奇跡」として記憶に残る、アトランタ五輪日本代表としてブラジル代表を破る。その後清水エスパルス – ジェフ市原 – HNKリエカ(クロアチア) – ドレモン(スイス) – 湘南ベルマーレ – プログレッソ(ウルグアイ) – アビスパ福岡 – デフェンソール(ウルグアイ) – 沖縄かりゆしFC– 静岡FCと国内外を問わず12チームでプレー。2005年に現役を引退し、現在はサッカークラブ、スクールの運営や解説者として活動中。2016年より筑波大学院に通い、スポーツマネジメントを専攻。

人口340万人の国から世界的ストライカーが生まれる秘密

公開日: 更新日:
(C)日刊ゲンダイ

 とても興味深いデータがあります。2014年ブラジルW杯の「各大陸出場国の平均得点数」です。

①南米6カ国=1試合平均得点2.44②欧州13カ国=平均2.13③北中米カリブ海4カ国=平均1.33④アフリカ5カ国=平均1.27⑤アジア4カ国=平均0.7…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る