日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍Jメンバーフル回転濃厚 稲葉監督「CS観戦」の複雑心境

 侍ジャパンの稲葉監督が12日、自身の初陣となる「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」のメンバー25人を発表した。

 最多選出となった西武からは山川穂高(25)、外崎修汰(24)、源田壮亮(24)、多和田真三郎(24)、平井克典(25)の5人。ルーキーの平井を除く4人が主力だ。セ・リーグで最も多く選ばれたのがDeNAの3人。今永昇太(24)、山崎康晃(25)、桑原将志(24)と、こちらは全員がレギュラーメンバーだ。

 今回の出場資格は「入団3年目以内もしくは24歳以下」(うちオーバーエージ枠3人)。日の丸をつける選手たちは喜びのコメントを出していたが、西武やDeNAは今週末から日本シリーズにつながるCSが始まる。「それどころじゃない」というのが本音だろう。

■日本シリーズ後から初戦まではわずか10日

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事