本田 メキシコ初のフル出場も…ハリル監督ゲンナリの理由

公開日: 更新日:

 パチューカ所属のFW本田圭佑(31)が、メキシコリーグで復調ぶりを強烈にアピールした。

 日本時間15日午前9時開始のモンテレイ戦で移籍後2度目の先発を果たし、初めて90分間フルに走り回ったのである。

 試合は首位相手に0―2の完敗だったが、1トップとしてプレーした前半26分、右からのクロスに好反応。相手CB2人の間をすり抜け、体を投げ出してヘディングシュート。右サイドアタッカーにポジションを変更した後半も、攻守にアグレッシブにプレー。セットプレーのキッカーを務め、味方にアレコレ指示を送るなど「主軸としての風格も出てきた」と現地メディアも高評価だ。

「パチューカの標高は2432メートル。7月中旬に移籍してから高地順化に苦しみ、6日のニュージーランド戦、10日のハイチ戦の欠場も早い段階で決まっていた。パチューカは同時期にオランダ遠征に出掛け、かつてオランダでプレーしていた本田は、メンタル的にもリフレッシュしてメキシコに帰国後、動きが格段に良くなった。本人も手応えバッチリ。上機嫌です」(サッカーライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る