• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯決めハリル“増上慢”に 選手との間に微妙なスキマ風が

 ハリルホジッチ監督率いる日本代表は6日のニュージーランド戦、10日のハイチ戦と国内でテストマッチをこなし、11月には欧州遠征に出かけてブラジル、ベルギーの強豪と対戦する。そして12月1日のロシアW杯組み合わせ抽選会を挟んで同8日、国内組の“最終選考”となる「東アジアE―1大会」(北朝鮮、中国、韓国が参加)が開幕する。ロシアW杯出場メンバーのサバイバルレースが本格化するのだ。

 もっとも指揮官と代表選手との間に何ともイヤ~な感じのスキマ風が吹いているという。

「ロシアW杯出場を決めたハリルさんが、増上慢になって『確固たる持論がある。それに従ったらW杯本大会でも勝てる』と豪語するたびに代表スタッフ、選手、Jクラブの指導者から『大丈夫なのか?』と不安視する声が噴出している」(マスコミ関係者)のである。

 10月の代表2連戦メンバーの発表日。日本サッカー協会(JFA)内の会見場でハリルホジッチ監督は約20分、ひたすら持論をまくしたてた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る