ゴロフキン戦実現は? 世界奪取・村田諒太の気になる今後

公開日: 更新日:

 ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチで、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31)が7回TKO勝ち。前回、判定負けを喫した王者のエンダム(33)を序盤から攻め立て、自身初の世界ベルトを腰に巻いた。

 国内の世界ミドル級王者は、95年の竹原慎二以来2人目。五輪金メダリストの世界王者は、日本初の快挙だ。

 問題は今後だ。層が厚いといわれているミドル級で、いかに防衛するか。竹原はベルト獲得翌年の初防衛戦で、あえなく陥落。村田自身は試合後のインタビューで、「今は4団体あるし、ここにいる人(ファン)は僕より強いミドル級チャンピオンがいることも知っている。そこを目指して頑張ります」と話した。

 この「僕より強い王者」とは、明らかにゴロフキン(35)のことだろう。WBC、IBFに加え、WBAスーパー王者と3団体のベルトを保持している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  5. 5

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  9. 9

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る