指導力に疑問符 荒木大輔氏「日ハム二軍監督」招聘の狙い

公開日: 更新日:

 その能力を評価したのか、それとも別の思惑があるのか。日本ハムが24日、二軍監督就任を発表した荒木大輔氏(53)のことだ。

 荒木氏は西武(2004~07年)、ヤクルト(08~13年)でコーチを経験しているものの、その評判は必ずしも芳しくない。というか、いずれも低迷の責任を取らされる格好で退団した。とすれば、日本ハムが荒木氏を招聘した理由は何か。

「荒木は栗山監督の現役時代(ヤクルト)のチームメート。一、二軍の連携が取りやすいというメリットはありますけど、何より荒木の知名度、人気が欲しかったのでしょう」と、日本ハムOBがこう続ける。

「このオフは大谷がメジャー挑戦するうえ、FAを取得した中田翔、増井、大野の退団が確実視されている。主力が大量に抜けるイメージダウンを最小限にとどめるため、荒木に白羽の矢を立てたのではないか。日本ハムにとってファームは育成面に限らず、営業面でも重要なコンテンツ。球場内にプール、田んぼ、畑を作ってさまざまなイベントを行うなど家族で楽しめる娯楽施設、メジャーのボールパークのような球場を目指しています。子供をもつ親御さんの世代にとって、甲子園の大ちゃんフィーバーは強烈なインパクトがありましたからね」

 日本ハムなりのチーム戦略があって、荒木氏を招聘したというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る