指導力に疑問符 荒木大輔氏「日ハム二軍監督」招聘の狙い

公開日: 更新日:

 その能力を評価したのか、それとも別の思惑があるのか。日本ハムが24日、二軍監督就任を発表した荒木大輔氏(53)のことだ。

 荒木氏は西武(2004~07年)、ヤクルト(08~13年)でコーチを経験しているものの、その評判は必ずしも芳しくない。というか、いずれも低迷の責任を取らされる格好で退団した。とすれば、日本ハムが荒木氏を招聘した理由は何か。

「荒木は栗山監督の現役時代(ヤクルト)のチームメート。一、二軍の連携が取りやすいというメリットはありますけど、何より荒木の知名度、人気が欲しかったのでしょう」と、日本ハムOBがこう続ける。

「このオフは大谷がメジャー挑戦するうえ、FAを取得した中田翔、増井、大野の退団が確実視されている。主力が大量に抜けるイメージダウンを最小限にとどめるため、荒木に白羽の矢を立てたのではないか。日本ハムにとってファームは育成面に限らず、営業面でも重要なコンテンツ。球場内にプール、田んぼ、畑を作ってさまざまなイベントを行うなど家族で楽しめる娯楽施設、メジャーのボールパークのような球場を目指しています。子供をもつ親御さんの世代にとって、甲子園の大ちゃんフィーバーは強烈なインパクトがありましたからね」

 日本ハムなりのチーム戦略があって、荒木氏を招聘したというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る