日本代表vs韓国代表 もはやライバルとは呼べない関係に

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表にとって「永遠のライバル」と称されるのが韓国代表だ。対戦数は74回とどの相手よりも多い。通算成績は13勝38敗(23分け)ながら、Jリーグ発足後に限れば7勝7敗(10分け)と互角。確かにライバルと呼ぶにふさわしい間柄である。

 そんな関係も、最近は変わってきた。韓国の劣化が激しいのだ。先日発表された最新のFIFAランキングは62位。中国にも初めて抜かれ、アジア5位に転落した。

 ワールドカップ・ロシア大会の予選は辛くも勝ち抜いたが、最後の2試合はスコアレスドロー。その後の親善試合は2試合で7失点。「韓国サッカーは死亡した」という横断幕で申台龍監督に猛抗議するサポーターの姿も報じられた。

 日本にとって韓国は、もはやライバルではないのだろうか。スポーツライターの加部究氏は、「確かに韓国代表は迷走していますね。予選の途中でウリ・シュティーリケ監督を解任したものの、後任の申監督も結果を残せていない。一人一人の能力は髙いのに代表チームとなるとまとまらない。欧州のほか、日本、中国、中東のチームで活躍する海外組が多く、顔を合わせる機会が限られるので、チームとして熟成させるのが難しいのでしょう」と分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る