日本代表vs韓国代表 もはやライバルとは呼べない関係に

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表にとって「永遠のライバル」と称されるのが韓国代表だ。対戦数は74回とどの相手よりも多い。通算成績は13勝38敗(23分け)ながら、Jリーグ発足後に限れば7勝7敗(10分け)と互角。確かにライバルと呼ぶにふさわしい間柄である。

 そんな関係も、最近は変わってきた。韓国の劣化が激しいのだ。先日発表された最新のFIFAランキングは62位。中国にも初めて抜かれ、アジア5位に転落した。

 ワールドカップ・ロシア大会の予選は辛くも勝ち抜いたが、最後の2試合はスコアレスドロー。その後の親善試合は2試合で7失点。「韓国サッカーは死亡した」という横断幕で申台龍監督に猛抗議するサポーターの姿も報じられた。

 日本にとって韓国は、もはやライバルではないのだろうか。スポーツライターの加部究氏は、「確かに韓国代表は迷走していますね。予選の途中でウリ・シュティーリケ監督を解任したものの、後任の申監督も結果を残せていない。一人一人の能力は髙いのに代表チームとなるとまとまらない。欧州のほか、日本、中国、中東のチームで活躍する海外組が多く、顔を合わせる機会が限られるので、チームとして熟成させるのが難しいのでしょう」と分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る