日本代表vs韓国代表 もはやライバルとは呼べない関係に

公開日:

 サッカー日本代表にとって「永遠のライバル」と称されるのが韓国代表だ。対戦数は74回とどの相手よりも多い。通算成績は13勝38敗(23分け)ながら、Jリーグ発足後に限れば7勝7敗(10分け)と互角。確かにライバルと呼ぶにふさわしい間柄である。

 そんな関係も、最近は変わってきた。韓国の劣化が激しいのだ。先日発表された最新のFIFAランキングは62位。中国にも初めて抜かれ、アジア5位に転落した。

 ワールドカップ・ロシア大会の予選は辛くも勝ち抜いたが、最後の2試合はスコアレスドロー。その後の親善試合は2試合で7失点。「韓国サッカーは死亡した」という横断幕で申台龍監督に猛抗議するサポーターの姿も報じられた。

 日本にとって韓国は、もはやライバルではないのだろうか。スポーツライターの加部究氏は、「確かに韓国代表は迷走していますね。予選の途中でウリ・シュティーリケ監督を解任したものの、後任の申監督も結果を残せていない。一人一人の能力は髙いのに代表チームとなるとまとまらない。欧州のほか、日本、中国、中東のチームで活躍する海外組が多く、顔を合わせる機会が限られるので、チームとして熟成させるのが難しいのでしょう」と分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る