パリSGが4連勝で欧州CL決勝T進出 バルサは格下にドロー

公開日: 更新日:

 日本時間1日午前4時45分にキックオフされた欧州チャンピオンズリーグ(CL)の主役は、パリSG(フランス)の左SBクルザワだった。

 地元でのアンデルレヒト(ベルギー)戦。パリSGは圧倒的に試合を支配すると前半を2―0で折り返し、後半はクルザワのワンマンショー。7分、27分とゴールをゲット。33分にも豪快な左足シュートを突き刺した。

 珍しいSBのハットトリックもあって5―0と圧勝したパリSG。CL開幕4試合の時点で総得点17はCLの新記録だ。 今季から加入したネイマールも1得点。パリSGはグループリーグ2試合を残し、決勝トーナメント進出を決めた。

 優勝候補のバルセロナ(スペイン)は、敵地で戦ったギリシャのオリンピアコスの粘り強い守備に手を焼いた。FWのメッシ、スアレスを軸に攻め立てるが、相手GKプロトのファインセーブもあってボール支配率66%(オリンピアコス34%)・シュート19本(6本)・パス成功本数570(208)と試合内容で圧倒しながら、スコアレスドローに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る