パリSGが4連勝で欧州CL決勝T進出 バルサは格下にドロー

公開日:

 日本時間1日午前4時45分にキックオフされた欧州チャンピオンズリーグ(CL)の主役は、パリSG(フランス)の左SBクルザワだった。

 地元でのアンデルレヒト(ベルギー)戦。パリSGは圧倒的に試合を支配すると前半を2―0で折り返し、後半はクルザワのワンマンショー。7分、27分とゴールをゲット。33分にも豪快な左足シュートを突き刺した。

 珍しいSBのハットトリックもあって5―0と圧勝したパリSG。CL開幕4試合の時点で総得点17はCLの新記録だ。 今季から加入したネイマールも1得点。パリSGはグループリーグ2試合を残し、決勝トーナメント進出を決めた。

 優勝候補のバルセロナ(スペイン)は、敵地で戦ったギリシャのオリンピアコスの粘り強い守備に手を焼いた。FWのメッシ、スアレスを軸に攻め立てるが、相手GKプロトのファインセーブもあってボール支配率66%(オリンピアコス34%)・シュート19本(6本)・パス成功本数570(208)と試合内容で圧倒しながら、スコアレスドローに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る