パリSGが4連勝で欧州CL決勝T進出 バルサは格下にドロー

公開日:

 日本時間1日午前4時45分にキックオフされた欧州チャンピオンズリーグ(CL)の主役は、パリSG(フランス)の左SBクルザワだった。

 地元でのアンデルレヒト(ベルギー)戦。パリSGは圧倒的に試合を支配すると前半を2―0で折り返し、後半はクルザワのワンマンショー。7分、27分とゴールをゲット。33分にも豪快な左足シュートを突き刺した。

 珍しいSBのハットトリックもあって5―0と圧勝したパリSG。CL開幕4試合の時点で総得点17はCLの新記録だ。 今季から加入したネイマールも1得点。パリSGはグループリーグ2試合を残し、決勝トーナメント進出を決めた。

 優勝候補のバルセロナ(スペイン)は、敵地で戦ったギリシャのオリンピアコスの粘り強い守備に手を焼いた。FWのメッシ、スアレスを軸に攻め立てるが、相手GKプロトのファインセーブもあってボール支配率66%(オリンピアコス34%)・シュート19本(6本)・パス成功本数570(208)と試合内容で圧倒しながら、スコアレスドローに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る