現役続行表明 元王者・山中慎介がベルトを失って得たもの

公開日: 更新日:

 今後のボクシング人生を考えると、これでよかったのかもしれない。1日、ボクシング元WBCバンタム級世界王者、山中慎介(35)が現役続行を明らかにした。

「負けて悔いが残った」と会見で話した一件は、8月に行われた13回目の防衛戦でプロ初黒星となる4回TKO負けのことだ。しかし、その後に新王者のネリ(22=メキシコ)にドーピング疑惑が噴出。WBCは調査を行ったものの、そこはメキシコシティーに本部を置く認定団体だ。多くのボクシング関係者の予想通り、ネリは“無罪放免”。

 試合後、しばらく去就に悩んでいた山中も、現在はWBCの再戦指令に「ネリとやりたい」と意気込んでいる。

 ジム関係者が言う。

「山中にとってはむしろ、負けてよかったとも言える。近年の山中は『神の左』と呼ばれる左パンチにこだわり過ぎていたのか、全体的に手数が減り、それでいてガードも甘くなっていた。8月のネリ戦でも一方的に打たれ続け、陣営がタオルを投入したほどです。山中自身も当時、『納得のいく勝ち方なら引退していたかも』と話していたように、燃え尽きる寸前だった。それが再び闘争心に火がついた。挑戦者という立場なので、積極的なボクシングが戻るでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る