現役続行表明 元王者・山中慎介がベルトを失って得たもの

公開日:

 今後のボクシング人生を考えると、これでよかったのかもしれない。1日、ボクシング元WBCバンタム級世界王者、山中慎介(35)が現役続行を明らかにした。

「負けて悔いが残った」と会見で話した一件は、8月に行われた13回目の防衛戦でプロ初黒星となる4回TKO負けのことだ。しかし、その後に新王者のネリ(22=メキシコ)にドーピング疑惑が噴出。WBCは調査を行ったものの、そこはメキシコシティーに本部を置く認定団体だ。多くのボクシング関係者の予想通り、ネリは“無罪放免”。

 試合後、しばらく去就に悩んでいた山中も、現在はWBCの再戦指令に「ネリとやりたい」と意気込んでいる。

 ジム関係者が言う。

「山中にとってはむしろ、負けてよかったとも言える。近年の山中は『神の左』と呼ばれる左パンチにこだわり過ぎていたのか、全体的に手数が減り、それでいてガードも甘くなっていた。8月のネリ戦でも一方的に打たれ続け、陣営がタオルを投入したほどです。山中自身も当時、『納得のいく勝ち方なら引退していたかも』と話していたように、燃え尽きる寸前だった。それが再び闘争心に火がついた。挑戦者という立場なので、積極的なボクシングが戻るでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る