加藤健
著者のコラム一覧
加藤健新潟アルビレックスBC 球団社長補佐

1981年3月23日、新潟県生まれ。ソフトバンク松坂と同学年の「松坂世代」のひとり。新発田農3年の春夏甲子園に主将で出場。98年ドラフト3位で巨人に入団。2008年の日本シリーズでは5試合に出場。17年目の15年にキャリアハイの35試合に出場。16年限りで引退。現在は独立リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC)の「球団社長補佐」として活動する。

僕だけが知っている “同級生”村田修一の素顔と強み

公開日: 更新日:

「カトケン」の愛称で親しまれた男は、巨人から戦力外通告を受けて昨年限りで引退。現在はBCリーグ新潟の「球団社長補佐」としてフロントの仕事を行っている。新潟・新発田農高から1998年のドラフト3位で巨人に入団。「松坂世代」を代表する捕手のひとりでありながら、規定打席に到達したシーズンは一度もなく、第2、第3捕手として巨人一筋、18年の現役生活を送った。今季4位に沈んだ巨人はこのオフ、同級生の村田らが次々と自由契約となっている。球界を代表する捕手・阿部慎之助の陰で、レギュラーを目指すより、チームのための控え捕手でいることに価値を見いだしたこと、「故郷に恩返しをしたい」と就任した新潟のフロントの仕事などを語った。

 ――同い年の村田と実松が自由契約になった。

「この前サネ(実松)から電話があって『クビになったわ』と。相川さんが引退して、ベテラン捕手はひとりだけ。まだできると思っていたのでビックリしました。現役続行するなら、しっかり準備していると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る