“闇カジノ問題”から1年半 バド代表監督が田児と桃田語る

公開日:  更新日:

 リオ五輪直前の昨年4月、ロンドン五輪日本代表の田児賢一(28)、リオでメダルが期待されていたエースの桃田賢斗(23)を含む6人の選手らが東京都内の違法カジノ店に出入りしたことが発覚。その10日後、シンガポールオープンから帰国した朴監督は「人格教育が足りなかった」と頭を下げた。

 ◇  ◇  ◇

 あれから1年半。桃田は5月に無期限出場停止処分が解け、7月の国際大会復帰戦で準優勝。世界ランク75位(2日現在)まで上げてきた。東京五輪ではメダルの筆頭候補だ。

 ああいうことがあってとても残念でした。私も反省しています。

 田児は、練習のときから特別なスタイルだったようです。日本ではずっと一番強かったから、コーチも監督もみんな、彼が決めたことは何でも「OK」という状態だった。NTT(東日本)はマレーシアでリタイアした選手をスパーリングパートナーとして呼んでいました。そのパートナーは私がマレーシアで監督をやっていたときに一緒だった選手で、あるときその人に「朴さん、(まるで)NTTの監督は田児ですね」と言われましたね。NTTのコーチに「あすは何の練習ですか」と聞くと、「田児とまだ話していないから分からないです」と言うんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る