大技固執がアダに 羽生結弦は五輪連覇でも選手生命の危機

公開日: 更新日:

 来年2月の平昌五輪に向け、急ピッチでの調整を強いられそうだ。

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(22)を指導するブライアン・オーサー・コーチが16日(日本時間17日)、フランス・グルノーブルで会見。先のNHK杯の練習中に負傷した右足について「(関節外側の)靱帯を伸ばしただけで、切れてはいないと理解している」と軽症を強調した。羽生とは連絡を取り合っているそうで、「まずは足をしっかり治し、全日本に向けて準備させる」と平昌五輪選考会となる全日本選手権(12月21~24日・東京)で復帰させる意向を明かした。

 羽生はNHK杯の公式練習で、今季から取り組んできた大技の4回転ルッツの着地の際、バランスを崩して転倒。右足関節外側靱帯損傷で出場辞退を余儀なくされた。シーズン開幕前から4回転ルッツの実施に猛反対していたオーサー・コーチによれば、羽生は依然として大技の成功にこだわりを見せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  8. 8

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る