大技固執がアダに 羽生結弦は五輪連覇でも選手生命の危機

公開日:

 来年2月の平昌五輪に向け、急ピッチでの調整を強いられそうだ。

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(22)を指導するブライアン・オーサー・コーチが16日(日本時間17日)、フランス・グルノーブルで会見。先のNHK杯の練習中に負傷した右足について「(関節外側の)靱帯を伸ばしただけで、切れてはいないと理解している」と軽症を強調した。羽生とは連絡を取り合っているそうで、「まずは足をしっかり治し、全日本に向けて準備させる」と平昌五輪選考会となる全日本選手権(12月21~24日・東京)で復帰させる意向を明かした。

 羽生はNHK杯の公式練習で、今季から取り組んできた大技の4回転ルッツの着地の際、バランスを崩して転倒。右足関節外側靱帯損傷で出場辞退を余儀なくされた。シーズン開幕前から4回転ルッツの実施に猛反対していたオーサー・コーチによれば、羽生は依然として大技の成功にこだわりを見せているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る