賞金王の価値に疑問も 日本マスコミ“金勘定”合戦の無意味

公開日: 更新日:

 今季日本ツアーは女子大会が最終戦になり、男子大会は残り2試合になった。

 この時期になるとスポーツメディアはこぞって賞金王タイトル争いを騒ぎ立てる。

 女子大会はご丁寧にも、ランク首位の鈴木愛(23)は単独6位以内で初タイトルを獲得。圏内にはあと3選手がいて、2位キム・ハヌル(28)が逆転でタイトルを手にするには優勝が必須条件で鈴木が単独7位以下。同様に3位イ・ミニョン(25)も優勝で鈴木が単独15位以下。4位の申ジエ(29)の場合は優勝で、鈴木が棄権・失格で賞金0円の場合と、協会が1円単位までの詳しい賞金差を資料にして配っている。

 要するに“金勘定”をあおっているのだ。

 ゴルフファンで作家の三好徹氏が、「プロゴルファーを評価する目安のひとつとして賞金王があるのは分かる。しかし、個人的な意見を言わせてもらうと、男女とも日本の賞金ランク1位は大した意味はないと思います」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る