• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賞金王の価値に疑問も 日本マスコミ“金勘定”合戦の無意味

 今季日本ツアーは女子大会が最終戦になり、男子大会は残り2試合になった。

 この時期になるとスポーツメディアはこぞって賞金王タイトル争いを騒ぎ立てる。

 女子大会はご丁寧にも、ランク首位の鈴木愛(23)は単独6位以内で初タイトルを獲得。圏内にはあと3選手がいて、2位キム・ハヌル(28)が逆転でタイトルを手にするには優勝が必須条件で鈴木が単独7位以下。同様に3位イ・ミニョン(25)も優勝で鈴木が単独15位以下。4位の申ジエ(29)の場合は優勝で、鈴木が棄権・失格で賞金0円の場合と、協会が1円単位までの詳しい賞金差を資料にして配っている。

 要するに“金勘定”をあおっているのだ。

 ゴルフファンで作家の三好徹氏が、「プロゴルファーを評価する目安のひとつとして賞金王があるのは分かる。しかし、個人的な意見を言わせてもらうと、男女とも日本の賞金ランク1位は大した意味はないと思います」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事