賞金王の価値に疑問も 日本マスコミ“金勘定”合戦の無意味

公開日:  更新日:

 今季日本ツアーは女子大会が最終戦になり、男子大会は残り2試合になった。

 この時期になるとスポーツメディアはこぞって賞金王タイトル争いを騒ぎ立てる。

 女子大会はご丁寧にも、ランク首位の鈴木愛(23)は単独6位以内で初タイトルを獲得。圏内にはあと3選手がいて、2位キム・ハヌル(28)が逆転でタイトルを手にするには優勝が必須条件で鈴木が単独7位以下。同様に3位イ・ミニョン(25)も優勝で鈴木が単独15位以下。4位の申ジエ(29)の場合は優勝で、鈴木が棄権・失格で賞金0円の場合と、協会が1円単位までの詳しい賞金差を資料にして配っている。

 要するに“金勘定”をあおっているのだ。

 ゴルフファンで作家の三好徹氏が、「プロゴルファーを評価する目安のひとつとして賞金王があるのは分かる。しかし、個人的な意見を言わせてもらうと、男女とも日本の賞金ランク1位は大した意味はないと思います」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る