横審激怒 貴乃花親方の“妨害”で日馬富士の処分決められず

公開日:

 27日に国技館で行われた横綱審議委員会の定例会合。暴行事件の加害者である横綱日馬富士(33)の処分に注目が集まり、100人以上の報道陣が詰めかけた。

 しかし、横審の総意として「厳しい処分が必要」と意見は一致したものの、結論は出せずじまい。出席した岡本委員(岡安商事最高顧問)は語調を強めて、「何もない。ガッカリだよ!」と吐き捨てたほどだ。

 いずれも不満げに国技館を後にした委員たち。会見を行った北村委員長(毎日新聞社名誉顧問)は次のように話した。

「横綱審議委員会は偉そうな名前だけど、自分たちに調査する能力も権限もない。協会の諮問を受けて、協会が確認した事実に基づいて審議する。(日馬富士の)暴力が起きた経緯など、もろもろの動きが確定していない段階で、何かが確定したかのような体で判断してはいけない。警察の捜査が終わっても、協会の調査結果が出ないと判断できない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る