• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日ドラ1鈴木博志の父語る “ボルト”に託した一縷の望み

 最速150キロ超の直球を武器に1年目から守護神として期待される右腕だ。

 鈴木はメジャーを代表するクローザーの一人であるレッドソックス・キンブレル(29=今季35セーブ)を目標にしているという。

 個人で大工業を営む父・隆美さん(62)、中国・大連出身の母・英美さん(48)との間に生まれた長男。大坂小3年時に同級生に誘われ、地元の大坂少年野球団で野球を始めた。少年野球でも速球派として鳴らし、度々、ピンチを救ってきた。

「県大会の負け試合ではありましたが、2死満塁の場面で起用されたことがありました。簡単に抑えたのを見た時は、『うちの子はひょっとしたら、将来性があるのかもしれない』と感じましたね。親バカと言われるかもしれませんが」(隆美さん)

■高3の秋に内視鏡手術

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事