オリは3年9億円 FA増井マネーゲームで蘇る巨人のトラウマ

公開日:

 日本ハムからFA宣言している増井浩俊(33)と22日に初交渉を行ったオリックスが、破格の条件で先手を打った。海外FAでのメジャー流出が濃厚となっている平野と14年オフに結んだ際の3年総額9億円と同等の条件を提示したというのだ。

 増井には他に、新外国人選手獲得のため中南米を視察していた森監督が帰国した中日も興味を示している。

「オリックスの提示した条件は、巨人の想定を超えていたのではないか。巨人は3年7.5億円程度を用意しているとみられていたが、オリックスの9億円はそれをはるかに上回る。巨人は4年以上の契約年数も視野に入れた大幅な上方修正を強いられそうなのです」(球界関係者)

 上方修正といえば、巨人には1年前の苦い記憶がある。DeNAからFAで獲得した山口俊(30)である。当初、「3年総額6億円」を提示したが、中日の参戦によってマネーゲームに発展。結局、「4年総額8億円」と大幅に条件を上積みし、なんとか獲得した過去がある。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る