• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリは3年9億円 FA増井マネーゲームで蘇る巨人のトラウマ

 日本ハムからFA宣言している増井浩俊(33)と22日に初交渉を行ったオリックスが、破格の条件で先手を打った。海外FAでのメジャー流出が濃厚となっている平野と14年オフに結んだ際の3年総額9億円と同等の条件を提示したというのだ。

 増井には他に、新外国人選手獲得のため中南米を視察していた森監督が帰国した中日も興味を示している。

「オリックスの提示した条件は、巨人の想定を超えていたのではないか。巨人は3年7.5億円程度を用意しているとみられていたが、オリックスの9億円はそれをはるかに上回る。巨人は4年以上の契約年数も視野に入れた大幅な上方修正を強いられそうなのです」(球界関係者)

 上方修正といえば、巨人には1年前の苦い記憶がある。DeNAからFAで獲得した山口俊(30)である。当初、「3年総額6億円」を提示したが、中日の参戦によってマネーゲームに発展。結局、「4年総額8億円」と大幅に条件を上積みし、なんとか獲得した過去がある。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る