元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

久保裕也<4>理想のFWは元スペイン代表のダビド・ビジャ

公開日: 更新日:

 ベルギー1部ヘントで2シーズン目を戦う日本代表FW久保裕也。昨季後半の華々しい活躍とは打って変わり、今季序盤は不振にあえいだ。ベルギー屈指の強豪クラブが勝ちに見放され、バンハーゼブルック前監督(現アンデルレヒト)は9月下旬に解任。バンデルハーゲ現監督就任後はチーム状態が改善。トップ下で起用されるようになった久保も得点感覚をより発揮できるようになった。「今のポジションが自分には一番合っている」と本人も自信をのぞかせる。

「前の監督はガチガチに役割を決めていた。結果を残せば何をやってもいいという部分はあったけど、残さないとやっぱり型にはめられた。でも今はそういうのがまったくない。だからこそ攻撃時は前線の選手の攻撃イメージが大事になりますね」

 こう話す久保は、ベルギー1部でプレーするときはできるだけ高い位置を取り、常に虎視眈々とゴールを狙っている。タッチライン際を激しく上下動し、守備にも多くの労力を割かなければならない日本代表と違い、ヘントで求められるのはズバリ! 得点だ。久保本人も「自分のスタンスを崩さなければ、このリーグで活躍はできる。監督が求めてくるものもあるが、何よりもブレちゃいけないことが一番」と自分に言い聞かせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

  2. 2
    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

  3. 3
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  4. 4
    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

  5. 5
    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

もっと見る

  1. 6
    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

  2. 7
    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

  3. 8
    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

  4. 9
    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

  5. 10
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に