• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<4>理想のFWは元スペイン代表のダビド・ビジャ

 ベルギー1部ヘントで2シーズン目を戦う日本代表FW久保裕也。昨季後半の華々しい活躍とは打って変わり、今季序盤は不振にあえいだ。ベルギー屈指の強豪クラブが勝ちに見放され、バンハーゼブルック前監督(現アンデルレヒト)は9月下旬に解任。バンデルハーゲ現監督就任後はチーム状態が改善。トップ下で起用されるようになった久保も得点感覚をより発揮できるようになった。「今のポジションが自分には一番合っている」と本人も自信をのぞかせる。

「前の監督はガチガチに役割を決めていた。結果を残せば何をやってもいいという部分はあったけど、残さないとやっぱり型にはめられた。でも今はそういうのがまったくない。だからこそ攻撃時は前線の選手の攻撃イメージが大事になりますね」

 こう話す久保は、ベルギー1部でプレーするときはできるだけ高い位置を取り、常に虎視眈々とゴールを狙っている。タッチライン際を激しく上下動し、守備にも多くの労力を割かなければならない日本代表と違い、ヘントで求められるのはズバリ! 得点だ。久保本人も「自分のスタンスを崩さなければ、このリーグで活躍はできる。監督が求めてくるものもあるが、何よりもブレちゃいけないことが一番」と自分に言い聞かせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る