• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<4>理想のFWは元スペイン代表のダビド・ビジャ

 ベルギー1部ヘントで2シーズン目を戦う日本代表FW久保裕也。昨季後半の華々しい活躍とは打って変わり、今季序盤は不振にあえいだ。ベルギー屈指の強豪クラブが勝ちに見放され、バンハーゼブルック前監督(現アンデルレヒト)は9月下旬に解任。バンデルハーゲ現監督就任後はチーム状態が改善。トップ下で起用されるようになった久保も得点感覚をより発揮できるようになった。「今のポジションが自分には一番合っている」と本人も自信をのぞかせる。

「前の監督はガチガチに役割を決めていた。結果を残せば何をやってもいいという部分はあったけど、残さないとやっぱり型にはめられた。でも今はそういうのがまったくない。だからこそ攻撃時は前線の選手の攻撃イメージが大事になりますね」

 こう話す久保は、ベルギー1部でプレーするときはできるだけ高い位置を取り、常に虎視眈々とゴールを狙っている。タッチライン際を激しく上下動し、守備にも多くの労力を割かなければならない日本代表と違い、ヘントで求められるのはズバリ! 得点だ。久保本人も「自分のスタンスを崩さなければ、このリーグで活躍はできる。監督が求めてくるものもあるが、何よりもブレちゃいけないことが一番」と自分に言い聞かせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る