元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<4>理想のFWは元スペイン代表のダビド・ビジャ

公開日: 更新日:

 ベルギー1部ヘントで2シーズン目を戦う日本代表FW久保裕也。昨季後半の華々しい活躍とは打って変わり、今季序盤は不振にあえいだ。ベルギー屈指の強豪クラブが勝ちに見放され、バンハーゼブルック前監督(現アンデルレヒト)は9月下旬に解任。バンデルハーゲ現監督就任後はチーム状態が改善。トップ下で起用されるようになった久保も得点感覚をより発揮できるようになった。「今のポジションが自分には一番合っている」と本人も自信をのぞかせる。

「前の監督はガチガチに役割を決めていた。結果を残せば何をやってもいいという部分はあったけど、残さないとやっぱり型にはめられた。でも今はそういうのがまったくない。だからこそ攻撃時は前線の選手の攻撃イメージが大事になりますね」

 こう話す久保は、ベルギー1部でプレーするときはできるだけ高い位置を取り、常に虎視眈々とゴールを狙っている。タッチライン際を激しく上下動し、守備にも多くの労力を割かなければならない日本代表と違い、ヘントで求められるのはズバリ! 得点だ。久保本人も「自分のスタンスを崩さなければ、このリーグで活躍はできる。監督が求めてくるものもあるが、何よりもブレちゃいけないことが一番」と自分に言い聞かせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る