元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<3>重圧を感じないときはスムーズにプレーできた

公開日:

 1月のベルギー1部ヘント移籍は、クラブ史上最高額となる約4億5000万円の移籍金を伴うものだった。苦労を重ねたスイスで培った環境適応能力を生かして大ブレーク。傑出した得点能力を見せつけた。「スイスでは会話がドイツ語だったけど、ベルギーでは英語でした。頭を切り替えるのに少し時間がかかりましたけど、すぐに耳が慣れていった」と周囲との意思の疎通もスムーズに進んだ。今季もチームトップの5得点。ゴールラッシュの予感が漂う。

「花の都市」の異名を取るベルギー第3の都市ヘントでの生活は、間もなく1年が経過する。スイス時代と同様、余計なモノは買わず、夜は基本的に自炊というシンプルな暮らしを心がけている。

 それでも「自分も大人なんで、サッカー以外にも少しは興味を持つようになりました」と、10月に現地で会った彼は照れ笑いを浮かべ、モード系の髪形を披露してくれた。旧市街地のしゃれたレストランで好物のエビのコロッケに舌鼓を打つなど、行動の幅も広がってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る