• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<1>日本代表欧州遠征の2試合で痛感したこと

 11月14日のベルギー戦後半23分に日本の「背番号11」久保裕也(ヘントFW)が登場すると地元ブルージュのサポーターから大ブーイングが飛び交った。国内リーグのライバルチームに所属するFWを強く意識した行動だった。その重圧が災いしたのか、久保は無得点に終わり、それどころかFWルカク(マンチェスター・ユナイテッド)の決勝弾をお膳立てしたシャドリ(ウェストブロムウィッチFW)の突破を許してしまった。「裕也は守備でもすごく頑張っていたけど、このレベルでは一瞬でも気を抜いたらやられる」と長友佑都(インテルDF)は評したが、本人もその事実を痛感したことだろう。サッカージャーナリスト・元川悦子氏が欧州に足を運び、一線級ストライカーの「今」に迫った。

■「中途半端に終わるとああなる」

 11月のブラジル戦(10日=リール)、ベルギー戦は、久保にとって世界を体感できる数少ない場だった。2013年夏に赴いたスイス1部のヤングボーイズ、今年1月からプレーするベルギー1部のヘントと欧州経験は5年に上るが、レアル・マドリードなど強豪クラブとの対戦経験はない。だからこそ、世界の強豪を相手に自分の力を思う存分に試してみたかった。しかし、ブラジル戦は前半のみで交代。自ら攻め込みながら打ち切れなかった前半36分のシュートシーンが、ジェズス(マンチェスター・シティFW)の3点目につながるという悔しさも味わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る