元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<1>日本代表欧州遠征の2試合で痛感したこと

公開日:

 11月14日のベルギー戦後半23分に日本の「背番号11」久保裕也(ヘントFW)が登場すると地元ブルージュのサポーターから大ブーイングが飛び交った。国内リーグのライバルチームに所属するFWを強く意識した行動だった。その重圧が災いしたのか、久保は無得点に終わり、それどころかFWルカク(マンチェスター・ユナイテッド)の決勝弾をお膳立てしたシャドリ(ウェストブロムウィッチFW)の突破を許してしまった。「裕也は守備でもすごく頑張っていたけど、このレベルでは一瞬でも気を抜いたらやられる」と長友佑都(インテルDF)は評したが、本人もその事実を痛感したことだろう。サッカージャーナリスト・元川悦子氏が欧州に足を運び、一線級ストライカーの「今」に迫った。

■「中途半端に終わるとああなる」

 11月のブラジル戦(10日=リール)、ベルギー戦は、久保にとって世界を体感できる数少ない場だった。2013年夏に赴いたスイス1部のヤングボーイズ、今年1月からプレーするベルギー1部のヘントと欧州経験は5年に上るが、レアル・マドリードなど強豪クラブとの対戦経験はない。だからこそ、世界の強豪を相手に自分の力を思う存分に試してみたかった。しかし、ブラジル戦は前半のみで交代。自ら攻め込みながら打ち切れなかった前半36分のシュートシーンが、ジェズス(マンチェスター・シティFW)の3点目につながるという悔しさも味わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る