女子ゴルフ韓国代表 圧倒していた日本に惨敗し涙止まらず

公開日: 更新日:

【ザ・クイーンズ】

 日本、韓国、豪州、欧州の4ツアーの代表選手による対抗戦、ザ・クイーンズの最終日が昨3日に行われ、日本が2年ぶり2度目の優勝を決めた。

「勝ってホッとした。支えてくれたチームのみんなに感謝です」

 そう振り返った主将の成田美寿々(25)を中心に鈴木愛上田桃子ら日本代表は大喜びだったが、その横で涙が止まらなかったのは前年覇者の韓国代表である。

 前日2日の個人マッチプレーでは9人中8人が勝利。2日間で2位・日本の倍にあたる24ポイントを積み上げる圧倒的な強さで優勝決定戦に進みながら、決勝で採用されたフォアサム(2人1組で1つのボールを交互に打つ)のルールに対応できず、日本に3敗1分けと惨敗した。

 主将のキム・ハヌルは「韓国は個人の強さはあるが、集中するポイントが違うフォアサムで弱さが出た」と分析したが、優勝決定戦で獲得ポイントがリセットされるルールを知らなかった選手もいたそうで、その動揺も焦りを生んだようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る