• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子ゴルフ韓国代表 圧倒していた日本に惨敗し涙止まらず

【ザ・クイーンズ】

 日本、韓国、豪州、欧州の4ツアーの代表選手による対抗戦、ザ・クイーンズの最終日が昨3日に行われ、日本が2年ぶり2度目の優勝を決めた。

「勝ってホッとした。支えてくれたチームのみんなに感謝です」

 そう振り返った主将の成田美寿々(25)を中心に鈴木愛、上田桃子ら日本代表は大喜びだったが、その横で涙が止まらなかったのは前年覇者の韓国代表である。

 前日2日の個人マッチプレーでは9人中8人が勝利。2日間で2位・日本の倍にあたる24ポイントを積み上げる圧倒的な強さで優勝決定戦に進みながら、決勝で採用されたフォアサム(2人1組で1つのボールを交互に打つ)のルールに対応できず、日本に3敗1分けと惨敗した。

 主将のキム・ハヌルは「韓国は個人の強さはあるが、集中するポイントが違うフォアサムで弱さが出た」と分析したが、優勝決定戦で獲得ポイントがリセットされるルールを知らなかった選手もいたそうで、その動揺も焦りを生んだようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る