• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FA野上の代償に投手狙い 巨人から西武に流出するのは誰

 西武から国内FA権を行使して巨人移籍が決まった野上亮磨(30)が都内のホテルで入団会見を行った。「2ケタ勝てるように頑張る」と言えば、同席した高橋由伸監督も「今季4位でたくさん補強ポイントがある中で、先発投手は足りない部分。まだまだ伸びる投手」と期待を寄せた。

 今季は24試合に登板し、11勝10敗、防御率3.63。巨人は3年総額4.5億円とみられる条件を提示して獲得に成功した。

 西武での今季の年俸は推定5000万円。人、金銭の補償が発生するBランク(4~10位)に相当するチーム内で10位前後に位置するとみられる。

 そうなると、巨人からプロテクトされる28人以外の誰かが西武に流出する可能性が高まる。西武は野上だけでなく、牧田も海外FA権を行使しているため、狙いは投手。巨人はこのオフ、若返りを図っている。プロテクトから漏れそうな投手を見てみると……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事