球団の垣根越え若手集合 “チーム菅野”は投手陣最大派閥に

公開日:

 巨人の菅野智之(28)が7日、大阪市内のホテルで行われたプロ野球選手会総会に出席した。今シーズンまで務めた長野から巨人選手会長の「大役」を引き継いだ。

 西武からFA入団が決まった野上についてさっそく、「チームにとって大きな戦力。早く溶け込んでもらえるよう、コミュニケーションをとっていきたい」と選手会長としてのサポートを約束。先月末の契約更改後には「聞きにくる選手が少ないのを一番気にかけている。何でも聞いて欲しい。見て、背中から学ぶという選手がいるけど限界がある。貪欲さが欠けている。聞きやすい環境づくりを浸透させていく」と語っていた。

 そんな選手会長がハワイで行う恒例の自主トレには、宮国、桜井、中川、畠、育成の田中大らチームの後輩投手が参加予定。オリックスからも西、吉田凌が参加する。当初は少人数だった「チーム菅野」も、いつの間にか球団の垣根を越える大所帯になってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る