• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

そして誰もいなくなる…貴乃花親方は孤立無援の様相に

「彼なりの考えがあるにせよ、それを主張する手段、やり方があまりにも稚拙。というか、間違ってるだろう」

 貴乃花親方(45)に対して、その周辺からこんな声が上がっている。

 協会からの電話に出ないばかりか、連絡はファクスにしてほしいと注文をつけ、揚げ句、居留守まで使う親方に協会もサジを投げたのだろう。15日、協会は臨時理事会が開かれる20日までに貴ノ岩の聴取を行うことを断念したという。

 日刊ゲンダイは12月13日付紙面で「貴乃花一派崩壊」と、これまでシンパだった親方たちが続々と貴乃花親方から離反している現状を報じた。

 真っ先に袂を分かったのは暴行事件の加害者、日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方(57=元横綱旭富士)。さらに阿武松親方(56=元関脇益荒雄)、錣山親方(54=元関脇寺尾)、時津風親方(44=元平幕時津海)らが、まるで泥舟から逃げ出すように貴乃花親方のもとから離れているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る