「貴乃花一派」が崩壊寸前…“泥舟”から逃げ出す親方続出

公開日: 更新日:

 貴乃花親方(45=元横綱)は約束を守るのか。

 11日に書類送検された元横綱の日馬富士。相撲協会はこれを受けて、危機管理部長の鏡山親方(59=元関脇多賀竜)が貴乃花部屋に出向いたものの、今度は「居留守」を使われた。

 午後0時半、4度目の貴乃花部屋訪問となった鏡山親方が部屋のインターホンを押すと、スタッフがドア越しに応答。「書類を持ってきました」と話す鏡山親方に、スタッフは「次回からはFAXをお使いください」と返し、最後までドアが開くことはなかった。

 しかし、その約2時間後、貴乃花親方は澄ました顔で部屋から出てくると、報道陣の問い掛けを一切無視。車に乗り込み、どこかへ出掛けた。

 11月30日の理事会で、貴乃花親方は日馬富士が書類送検された後なら危機管理委員会による貴ノ岩の事情聴取に応じると約束した。にもかかわらず、協会からの使者を居留守まで使って門前払いした。鏡山親方がこの日、ポストに投函した書類には、貴ノ岩の聴取希望日などが書かれていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る