• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「貴乃花一派」が崩壊寸前…“泥舟”から逃げ出す親方続出

 貴乃花親方(45=元横綱)は約束を守るのか。

 11日に書類送検された元横綱の日馬富士。相撲協会はこれを受けて、危機管理部長の鏡山親方(59=元関脇多賀竜)が貴乃花部屋に出向いたものの、今度は「居留守」を使われた。

 午後0時半、4度目の貴乃花部屋訪問となった鏡山親方が部屋のインターホンを押すと、スタッフがドア越しに応答。「書類を持ってきました」と話す鏡山親方に、スタッフは「次回からはFAXをお使いください」と返し、最後までドアが開くことはなかった。

 しかし、その約2時間後、貴乃花親方は澄ました顔で部屋から出てくると、報道陣の問い掛けを一切無視。車に乗り込み、どこかへ出掛けた。

 11月30日の理事会で、貴乃花親方は日馬富士が書類送検された後なら危機管理委員会による貴ノ岩の事情聴取に応じると約束した。にもかかわらず、協会からの使者を居留守まで使って門前払いした。鏡山親方がこの日、ポストに投函した書類には、貴ノ岩の聴取希望日などが書かれていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事