聴取の約束無視 貴乃花親方はもはや相撲協会に居場所なし

公開日:

 こうなった以上、貴乃花親方(45)に残された道は、ひとつしかないのではないか。

 12日発売のスポーツニッポンで、日馬富士暴行事件について「まだすべてが終わったわけではない」とコメントしたのだ。

 貴乃花親方は11月30日の理事会で、日馬富士の書類送検後、危機管理委員会による弟子の貴ノ岩の聴取に応じる約束をしている。そしてさる11日、日馬富士が実際に書類送検された。にもかかわらず「すべてが終わったわけじゃない」とはどういうことか。

 スポーツニッポンによれば、貴乃花親方は貴ノ岩の具合について「よくないので大変なことになっているんだよ」と答えている。

 書類送検後の聴取という約束をほごにする事情が生じたのであれば、メディアより先に協会に説明すべきなのに、それをしないばかりか、これでは約束自体を無視しているようなものだ。相撲協会という組織に所属、巡業部長の要職にありながら、巡業中のトラブルに関する報告は後回し。貴ノ岩の事情聴取に協力してもらいたいという再三の要請に対しても「拒否します」の一点張り。何度連絡しても電話に出ず、用件は書面を通じて欲しいと要求。書面をわざわざ貴乃花部屋に持参した危機管理部長に対しては、次からファクスでいいと居留守まで使って会おうとすらしなかった。昨12日、八角理事長は貴ノ岩の聴取に協力するよう求めている件で、貴乃花親方が要請に応じていないことを明らかにした。「いまのところ、協力するとは(連絡を)もらっていない」とは八角理事長だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る