• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

聴取の約束無視 貴乃花親方はもはや相撲協会に居場所なし

 こうなった以上、貴乃花親方(45)に残された道は、ひとつしかないのではないか。

 12日発売のスポーツニッポンで、日馬富士暴行事件について「まだすべてが終わったわけではない」とコメントしたのだ。

 貴乃花親方は11月30日の理事会で、日馬富士の書類送検後、危機管理委員会による弟子の貴ノ岩の聴取に応じる約束をしている。そしてさる11日、日馬富士が実際に書類送検された。にもかかわらず「すべてが終わったわけじゃない」とはどういうことか。

 スポーツニッポンによれば、貴乃花親方は貴ノ岩の具合について「よくないので大変なことになっているんだよ」と答えている。

 書類送検後の聴取という約束をほごにする事情が生じたのであれば、メディアより先に協会に説明すべきなのに、それをしないばかりか、これでは約束自体を無視しているようなものだ。相撲協会という組織に所属、巡業部長の要職にありながら、巡業中のトラブルに関する報告は後回し。貴ノ岩の事情聴取に協力してもらいたいという再三の要請に対しても「拒否します」の一点張り。何度連絡しても電話に出ず、用件は書面を通じて欲しいと要求。書面をわざわざ貴乃花部屋に持参した危機管理部長に対しては、次からファクスでいいと居留守まで使って会おうとすらしなかった。昨12日、八角理事長は貴ノ岩の聴取に協力するよう求めている件で、貴乃花親方が要請に応じていないことを明らかにした。「いまのところ、協力するとは(連絡を)もらっていない」とは八角理事長だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る