W杯ジャンプ高梨沙羅は辛くも3位…歴代最多54勝に足踏み

公開日:

 女王が不振にあえいでいる。ノルディックスキーW杯(ドイツ・ヒンターツァルテン)女子ジャンプ個人第4戦(HS108メートル、K点95メートル)が17日に行われ、高梨沙羅(21)は1回目98メートル、2回目100メートルの合計248.8点で3位だった。

 第3戦の3位に続く今季2度目の表彰台に立ったが、年内のW杯は終了。歴代単独最多となる通算54勝目は年明けの第5戦(1月6日、ルーマニア)に持ち越しとなった。マーレン・ルンビ(23=ノルウェー)が1回目に最長不倒の105メートル、2回目に102メートルを飛び、269.1点で今季2勝目、通算6勝目を挙げた。

 高梨は1回目で空中姿勢を崩して4位で折り返し。海外勢に後れを取り、2回目に飛距離を伸ばして順位を1つ上げ、辛うじて表彰台を確保した。

 今季は海外のジャンプ台に対応しきれずにバランスを保てないジャンプが目立つ。日頃の練習から試行錯誤を繰り返しているが、ジャンプのW杯女王は不安を抱えたままの年越しとなりそうだ。

▽高梨の話「1回目のジャンプは少し力み過ぎた。そこを2回目は克服できたけど、踏み切り時に最大限の力を伝えられていない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る