• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロシア“出禁”も フィギュア日本勢の平昌メダルにブ厚い壁

 単純な「追い風」とはいかないようだ。

 ロシアの組織的ドーピング問題で、IOC(国際オリンピック委員会)は平昌五輪の「ロシア選手団派遣禁止」を発表した。ロシアは前回ソチ五輪でメダル33個(うち11個は剥奪)を獲得したスポーツ大国。それだけに、この参加禁止処分でメダルの勢力図が激変する。中でも日本に大きく影響しそうなのが、フィギュアスケートだ。

 昨7日に開幕したグランプリ(GP)ファイナルで、ロシア勢はピリピリムード。公式練習後、カナダ杯2位のソツコワ(17)は「まだ五輪のことは考えていない」と口が重かった。

 IOCは厳格な条件をクリアして潔白を証明した選手のみ「個人資格」での出場を許可するというが、ロシア国旗や国歌は使用できない。世界ランク1位のメドベージェワ(18)は、これを「受け入れられない」と拒否。強豪揃いのロシア勢が不参加となれば、日本には追い風になるとみる向きが多い。確かに、伸び悩む女子や、右足関節外側靱帯損傷で離脱中の羽生結弦(23)にとっては“朗報”だが、ライバルはロシアだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る