今季最高2位も7戦連続Vなし 高梨沙羅に秘策はあるのか?

公開日: 更新日:

 今は敵失を祈るしかない。女子ジャンプW杯個人第6戦が札幌で行われ、高梨沙羅(21)は90メートルと93メートルを飛び、合計231.4点で今季ベストの2位に入った。優勝は3連勝のマーレン・ルンビ(23=ノルウェー)で今季4勝目。95.5メートルと98.5メートル(251.6点)の大ジャンプで圧勝だった。

 高梨は「テークオフ(飛び出し)でのインパクトの伝え方が改めて課題になった。(3位の)カタリナ選手(21=ドイツ)の2本目は『力を出し切れていない』ということだったから運も良かった」と冷静に振り返ったが、これで昨季最終戦から7戦連続で優勝なし。W杯ジャンプ歴代単独最多の通算54勝目を目前に足踏み状態が続いている。

 その高梨について、スキー連盟の皆川賢太郎競技本部長(40)は、同日朝に放送されたTBS系情報番組「サンデーモーニング」の中で「秘策はある。本当は(W杯で)勝たせてあげたいけど段階を踏んで五輪に行く」と自信ありげに語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  10. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る