今季最高2位も7戦連続Vなし 高梨沙羅に秘策はあるのか?

公開日: 更新日:

 今は敵失を祈るしかない。女子ジャンプW杯個人第6戦が札幌で行われ、高梨沙羅(21)は90メートルと93メートルを飛び、合計231.4点で今季ベストの2位に入った。優勝は3連勝のマーレン・ルンビ(23=ノルウェー)で今季4勝目。95.5メートルと98.5メートル(251.6点)の大ジャンプで圧勝だった。

 高梨は「テークオフ(飛び出し)でのインパクトの伝え方が改めて課題になった。(3位の)カタリナ選手(21=ドイツ)の2本目は『力を出し切れていない』ということだったから運も良かった」と冷静に振り返ったが、これで昨季最終戦から7戦連続で優勝なし。W杯ジャンプ歴代単独最多の通算54勝目を目前に足踏み状態が続いている。

 その高梨について、スキー連盟の皆川賢太郎競技本部長(40)は、同日朝に放送されたTBS系情報番組「サンデーモーニング」の中で「秘策はある。本当は(W杯で)勝たせてあげたいけど段階を踏んで五輪に行く」と自信ありげに語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る