カヌー薬物混入で露見 選手を狂わす東京五輪の異様な空気

公開日:  更新日:

 カヌー・スプリント日本選手権(昨年9月)に出場した鈴木康大(32)が小松正治(25)の飲み物に禁止薬物を混入していたことが発覚。2人は親友でありライバル関係でもあった。

 日本国内で他者からの禁止薬物混入によるドーピング違反発生は初。鈴木は8年間の資格停止処分となり、連盟は除名も検討している。

 東京五輪出場が絶望的になることを恐れて犯行に及んだという鈴木は、これまでも小松のパドルを盗んだり、他の選手のパドルにヒビを入れたり、さまざまな妨害行為を繰り返していたというから常習犯。“手癖”の悪さは論外だが、スポーツ庁の鈴木大地長官は「タチが悪い。五輪に出場したいという強い気持ちが前面に出すぎてスポーツ本来の目的が希薄になったのでは」と言った。

 自国開催はこれまでの五輪とは注目度がまるで違う。マラソンの川内優輝が日刊ゲンダイのインタビューで「東京五輪という大義があって、誰もがそこに向かっていかなければいけない。少しでも横道にそれたら『おまえは非国民だ』みたいな雰囲気が嫌」と話していたように、アスリートたちも異様な空気を感じている。それと同時に、東京に出場するか否かでその後の人生は大きく変わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る