契約総額は数千万円 清宮をめぐり用具メーカーが大争奪戦

公開日: 更新日:

 日本ハムの新人合同自主トレ第2クール最終日となった15日、清宮幸太郎(18=早実)はグラウンドでのロングティーで練習を締めくくった。

 およそ40スイングで10本のサク越えを放ち、「結構振れて、一段階上がってきたと思う。ただ、あまり調子に乗らないようにしたい」と笑顔で話した清宮は今、“相棒”を模索している。

 自主トレで使用するバットは、ウエアやスパイクも含めて愛用するアディダス社、マスコットバット代わりにしている韓国ハードスポーツ社、それに加えてローリングス社製のものも準備しているという。

 清宮は「長さは85センチとか86センチとか、まだこれというのはない」とし、選定時期については「もうちょっとしっかりボールを打ってから。あれこれ使うと迷ってしまうので、これと決めたものはぶれずに使い続けたい。オープン戦くらいには決められたらと思っていますが、焦らずやりたい」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る