日ハム清宮「開幕一塁」構想で中田翔に左翼コンバート案

公開日: 更新日:

 17日、米アリゾナの一軍キャンプ帯同が発表された日本ハムの清宮幸太郎(18)。球団の高卒新人の一軍スタートは、2008年の中田翔以来、実に10年ぶり。さるOBによれば「清宮の一軍発進は異例」だという。

「新人は高卒、大卒、社会人出身を問わず、原則、二軍スタート。早い時期に使えるメドが立った選手でも、5月か6月にデビューすればよいというスタンスです。自主トレやキャンプでオーバーワークになり、故障することを恐れている。なので自主トレのメニューも他球団と比べて軽い。首脳陣がやり過ぎと判断すれば、ブレーキを踏むこともあります」

 同じく高卒でドラフト1位のダルビッシュや大谷翔平ですら、1年目のキャンプは二軍スタートだった。自主トレ初日から連日、居残りで練習する清宮に対し、だれもブレーキを踏まない点も含めて「異例」には違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る