2年連続V逸 後進急成長で石川佳純の東京五輪に“黄信号”

公開日:  更新日:

「レベルが高くなっているので、挑戦を受けるというより紙一重の中でやっている感じ」

 そう話したのは、石川佳純(24=世界ランク4位)。今年の全日本卓球選手権で2年連続「無冠」に終わった。昨年はシングルス決勝で平野美宇(17=同6位)に負けると、今年は準決勝で伊藤美誠(17=同5位)に完敗。いずれも7歳年下の次期エース候補だった。

 昨年、石川のシングルスの成績は、4月の韓国OPで準優勝、8月のブルガリアOPでは伊藤に勝って優勝。しかし同月のチェコOPでは伊藤に負けて準優勝に終わった。

 平野、伊藤に加え、ダブルスで優勝した早田ひな(17=同11位)も台頭。14歳で全日本シングルスを制した張本智和が「東京五輪で金メダル2つ」と口にしたように、東京の代表争いも今後2年間でさらなる激化が予想される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る