美誠と名コンビ森薗政崇の正体 “男子4強”に割って入るか

公開日: 更新日:

 破竹の快進撃だ。

 17日、卓球全日本選手権の混合ダブルスで森薗政崇(22)・伊藤美誠(17)ペアが準決勝に進出した。

 伊藤はリオ五輪で団体の銅メダルに貢献して知られた存在だが、森薗は昨年、世界卓球で大島祐哉(23)とダブルスで銀。ワールドツアーグランドファイナルでは優勝したものの、一般的にはまだまだ無名だ。どんな選手なのか。

 ラケットを持ったのは4歳。姉・美咲(25=日立化成)の影響で卓球を始め、シチズンの選手だった父・誠さんが都内で経営していた「美鷹クラブ」で練習漬けの日々を送る。いとこの美月(21=サンリツ)も卓球選手だ。

 エリートの血は小学生の頃から頭角を現す。卓球の強豪校・青森山田中に進学すると、ドイツに単身武者修行へ。ブンデスリーガの練習に参加し、中3のときには4部ながら試合に出場した。明大に進んでも拠点はドイツ。現在もブンデスシーズンの9~3月をドイツの寮で暮らし、日本国内の大会があるときやオフシーズンの4~8月に帰国する生活を続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る