オッズでは金メダル ギャンブラーを悩ます羽生の回復状態

公開日: 更新日:

「ユヅルは全力で演技ができるのか?」

 海の向こうから、そんな声が聞こえてきそうだ。

 2月9日に開幕する平昌五輪。世界中が注目する「スポーツの祭典」も欧米のブックメーカー(賭け屋)にとっては稼ぎ場だが、世界のギャンブラーが頭を悩ませているのが、羽生結弦(23)の状態だろう。

 米国の大手データ会社グレースノート社が10日付で公表したメダル獲得予想では、日本のメダルは金4、銀7、銅4の合計15個。4つの金は、スピードスケート女子500メートルの小平奈緒(31)と団体追い抜き。そして五輪連覇を狙う男子フィギュアの羽生にフィギュア団体だ。

 羽生は昨年11月のNHK杯の前日練習中に転倒し、右足関節外側靱帯を損傷。その後の大会を欠場し、カナダ(トロント)で氷上練習を再開したのは開幕の1カ月前のこと。万全な状態であれば男子のフィギュアで66年ぶりとなる五輪連覇は十分にあり得るが、ケガは予想以上に重傷だったことから、「短期間で100%の状態に持っていくのは難しい」とみている者も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  9. 9

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る