オッズでは金メダル ギャンブラーを悩ます羽生の回復状態

公開日:

「ユヅルは全力で演技ができるのか?」

 海の向こうから、そんな声が聞こえてきそうだ。

 2月9日に開幕する平昌五輪。世界中が注目する「スポーツの祭典」も欧米のブックメーカー(賭け屋)にとっては稼ぎ場だが、世界のギャンブラーが頭を悩ませているのが、羽生結弦(23)の状態だろう。

 米国の大手データ会社グレースノート社が10日付で公表したメダル獲得予想では、日本のメダルは金4、銀7、銅4の合計15個。4つの金は、スピードスケート女子500メートルの小平奈緒(31)と団体追い抜き。そして五輪連覇を狙う男子フィギュアの羽生にフィギュア団体だ。

 羽生は昨年11月のNHK杯の前日練習中に転倒し、右足関節外側靱帯を損傷。その後の大会を欠場し、カナダ(トロント)で氷上練習を再開したのは開幕の1カ月前のこと。万全な状態であれば男子のフィギュアで66年ぶりとなる五輪連覇は十分にあり得るが、ケガは予想以上に重傷だったことから、「短期間で100%の状態に持っていくのは難しい」とみている者も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る