オッズでは金メダル ギャンブラーを悩ます羽生の回復状態

公開日:

「ユヅルは全力で演技ができるのか?」

 海の向こうから、そんな声が聞こえてきそうだ。

 2月9日に開幕する平昌五輪。世界中が注目する「スポーツの祭典」も欧米のブックメーカー(賭け屋)にとっては稼ぎ場だが、世界のギャンブラーが頭を悩ませているのが、羽生結弦(23)の状態だろう。

 米国の大手データ会社グレースノート社が10日付で公表したメダル獲得予想では、日本のメダルは金4、銀7、銅4の合計15個。4つの金は、スピードスケート女子500メートルの小平奈緒(31)と団体追い抜き。そして五輪連覇を狙う男子フィギュアの羽生にフィギュア団体だ。

 羽生は昨年11月のNHK杯の前日練習中に転倒し、右足関節外側靱帯を損傷。その後の大会を欠場し、カナダ(トロント)で氷上練習を再開したのは開幕の1カ月前のこと。万全な状態であれば男子のフィギュアで66年ぶりとなる五輪連覇は十分にあり得るが、ケガは予想以上に重傷だったことから、「短期間で100%の状態に持っていくのは難しい」とみている者も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る