• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オッズでは金メダル ギャンブラーを悩ます羽生の回復状態

「ユヅルは全力で演技ができるのか?」

 海の向こうから、そんな声が聞こえてきそうだ。

 2月9日に開幕する平昌五輪。世界中が注目する「スポーツの祭典」も欧米のブックメーカー(賭け屋)にとっては稼ぎ場だが、世界のギャンブラーが頭を悩ませているのが、羽生結弦(23)の状態だろう。

 米国の大手データ会社グレースノート社が10日付で公表したメダル獲得予想では、日本のメダルは金4、銀7、銅4の合計15個。4つの金は、スピードスケート女子500メートルの小平奈緒(31)と団体追い抜き。そして五輪連覇を狙う男子フィギュアの羽生にフィギュア団体だ。

 羽生は昨年11月のNHK杯の前日練習中に転倒し、右足関節外側靱帯を損傷。その後の大会を欠場し、カナダ(トロント)で氷上練習を再開したのは開幕の1カ月前のこと。万全な状態であれば男子のフィギュアで66年ぶりとなる五輪連覇は十分にあり得るが、ケガは予想以上に重傷だったことから、「短期間で100%の状態に持っていくのは難しい」とみている者も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る