平昌五輪前にうおのめ悪化…坂本花織“四大陸強行”のツケ

公開日:  更新日:

 平昌五輪開幕まであと2週間だが、暗雲が立ち込めるのがフィギュアスケートだ。

 平昌五輪前最後の公式戦となる4大陸選手権(台湾・台北)の女子ショートプログラム(SP=24日)では、坂本花織(17)が自己ベストを更新して2位につけた。26日にはフリー(FS)が行われる。

 初の五輪を控える坂本の体は、すでに悲鳴を上げている。

 2週間前に痛めた右肩に加え、大きな不安要素は右足薬指と小指の間にできた「うおのめ」。昨年末の全日本選手権前から患っており、大会前に痛みが悪化した。通院しながら塗り薬で対応してきたが、会場となった台北の気温が20度近くもあって温暖だったことから、痛みがぶり返したという。

「うおのめ」は、バンクーバー、ソチ五輪代表の鈴木明子(32)も悩まされた職業病の一種。2013年の全日本の頃から両足小指に痛みが出て、ソチのときには炎症を起こして親指ほどに腫れあがっていたという。スケート靴を履くのも精いっぱいの中、団体戦にも出場(5位)。個人戦は8位に終わった。このとき、鈴木はソチ前の4大陸を回避。五輪に備えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る