平昌五輪前にうおのめ悪化…坂本花織“四大陸強行”のツケ

公開日:  更新日:

 平昌五輪開幕まであと2週間だが、暗雲が立ち込めるのがフィギュアスケートだ。

 平昌五輪前最後の公式戦となる4大陸選手権(台湾・台北)の女子ショートプログラム(SP=24日)では、坂本花織(17)が自己ベストを更新して2位につけた。26日にはフリー(FS)が行われる。

 初の五輪を控える坂本の体は、すでに悲鳴を上げている。

 2週間前に痛めた右肩に加え、大きな不安要素は右足薬指と小指の間にできた「うおのめ」。昨年末の全日本選手権前から患っており、大会前に痛みが悪化した。通院しながら塗り薬で対応してきたが、会場となった台北の気温が20度近くもあって温暖だったことから、痛みがぶり返したという。

「うおのめ」は、バンクーバー、ソチ五輪代表の鈴木明子(32)も悩まされた職業病の一種。2013年の全日本の頃から両足小指に痛みが出て、ソチのときには炎症を起こして親指ほどに腫れあがっていたという。スケート靴を履くのも精いっぱいの中、団体戦にも出場(5位)。個人戦は8位に終わった。このとき、鈴木はソチ前の4大陸を回避。五輪に備えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る