• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平昌五輪前にうおのめ悪化…坂本花織“四大陸強行”のツケ

 平昌五輪開幕まであと2週間だが、暗雲が立ち込めるのがフィギュアスケートだ。

 平昌五輪前最後の公式戦となる4大陸選手権(台湾・台北)の女子ショートプログラム(SP=24日)では、坂本花織(17)が自己ベストを更新して2位につけた。26日にはフリー(FS)が行われる。

 初の五輪を控える坂本の体は、すでに悲鳴を上げている。

 2週間前に痛めた右肩に加え、大きな不安要素は右足薬指と小指の間にできた「うおのめ」。昨年末の全日本選手権前から患っており、大会前に痛みが悪化した。通院しながら塗り薬で対応してきたが、会場となった台北の気温が20度近くもあって温暖だったことから、痛みがぶり返したという。

「うおのめ」は、バンクーバー、ソチ五輪代表の鈴木明子(32)も悩まされた職業病の一種。2013年の全日本の頃から両足小指に痛みが出て、ソチのときには炎症を起こして親指ほどに腫れあがっていたという。スケート靴を履くのも精いっぱいの中、団体戦にも出場(5位)。個人戦は8位に終わった。このとき、鈴木はソチ前の4大陸を回避。五輪に備えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る